転職するなら

転職エージェントを使うとなぜ転職が有利になるのか?

転職エージェント 有利
就職時に内定獲得まで苦労した人にとって、転職を目指しても本当に自分が出来るのか不安になるでしょう。しかし、転職を目指したからには本人にしか分からない理由や事情があるはずです。

終身雇用制度が崩壊した現代では、転職は計画的に行えば比較的自由に行えるものです。では、転職エージェントを使うとどのような点で有利に転職を進められるのでしょうか。

非公開求人は転職エージェントだけが握っている

誰もが知っている有名企業やこれから事業拡大を密かに狙う企業にとって、転職サイトへ求人を出すことはライバル会社に対して社内事情を知られてしまう原因となりかねません。

転職エージェントが果たす役割として、非公開求人を各担当者がある程度抱えていて条件に合う転職希望者が現れた時だけ提案する流れがあります。

非公開求人ほど好条件となっていることが多く、転職エージェントの担当者から見た時に条件を満たしている場合のみ依頼企業から求人情報を提示しても良いと許可が出ているわけです。

つまり、転職エージェントを通した時のみ案内される転職案件が多数存在しています。

転職エージェント案内の就職先一覧

転職先企業について絞り込んだ上で紹介してもらえる

転職エージェントが果たす役割は、単なる紹介報酬獲得により誰でも転職先として紹介するわけではありません。

特に非公開求人については限られた条件に合う人限定で提示してもらえるので、転職先企業の人事担当者との付き合いが転職エージェントは多いわけです。

自力で転職先企業の情報を得ることは難しく、新卒入社時に行った会社訪問やOB訪問を思い出すとそれでも内情までは分からなかったことを実感出来るでしょう。

転職エージェントは、依頼されている企業の人事担当者へ定期的に訪問するだけでなく、既に先に入社している転職者のサポートまで行うことで、転職先の企業事情をある程度把握出来る立場にいます。

情報漏洩を起こすことはありませんが、転職エージェントから紹介された企業が他の転職サイトに掲載されていなかったら、面談の結果により得られた情報から適した転職先を紹介されていると考えて良いです。